読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物料理のお取り寄せガイド

全国各地の有名な名物料理をご紹介します。

岐阜県郡上の郷土料理 鶏ちゃん焼き(けいちゃん)は下呂のたれ使用で絶品!

● 全国の名物料理 ●

北海道地方の名物料理

北海道

東北地方の名物料理
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 /

関東地方の名物料理
茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 /

中部地方の名物料理
新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 /

関西地方の名物料理
三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

中部地方の名物料理
鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

四国地方の名物料理
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 /

九州地方の名物料理
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県/ 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島 / 沖縄県 /

鶏ちゃん(けいちゃん)とは、岐阜県の郷土料理の一つで、鶏肉を使用した料理のことです。「けいちゃん」とも表記され、「鶏ちゃん焼き」とも言われています。

f:id:mochibubu:20160404155628j:plain

けいちゃんは、元々は飛騨地方南部の下呂市(旧益田郡)や高山市南部、中津川市北部、奥美濃地方の郡上市の家庭料理のことです。

1950年頃から食されていて、1960年頃から、地元の精肉店や居酒屋が独自に改良したと言われています。


「ひょうたん」と同じく「けいちゃん」という発音で呼ばれています。

けいちゃんは北海道のジンギスカン料理が起源になっていると言われています。

 

日本では1918年に軍隊、警察、鉄道員用制服の素材となる羊毛自給をめざす「緬羊百万頭計画」が立案されました。
その早期実現のために羊毛のみならず羊肉をも消費させることで、農家の収入増加と、飼育頭数増加を企図しました。

 

しかし、日本人は従来、羊肉を食べる習慣がほとんどなく、産業廃棄物として畑の肥料として使われるような状態でした。

この状況の下、北海道では羊肉の臭みを消す調理法としてジンギスカン料理が生まれました。

その後ジンギスカン料理は他の地域にも広まりましたが、局所的なものに限られました。

 

岐阜県においても例外ではなく、かつて羊の飼育が盛んだった地域でジンギスカン料理が広まるが、一般に普及せずに、牧羊が途絶えると同時に消滅しました。

 

しかし、その調理法を応用して、鶏肉を同様に調理するようになったのがが鶏ちゃんの始まりです。

 

羊肉か鶏肉かという違いを除けば、味のついた肉を野菜と一緒に焼いて食するという点において、ジンギスカン料理と同一といえます。

またこのニックネームの様な「鶏ちゃん」の名称は、同じく北海道の名物料理で、魚を焼く類似の料理「ちゃんちゃん焼き」に由来すると言われています。

 

鶏ちゃんはどうやってつくるのかというと、鶏肉を一口サイズに切り分け、みそやしょうゆ、塩などをさまざまに調合したタレにつけ込んでおきます。

下味のついた鶏肉を、キャベツやタマネギ、ニンジンなどの野菜と一緒に、鉄板やフライパンで焼いて食べます。

染み出た肉汁と野菜からの甘さが混ざったタレに、鍋料理一般のように、最後のシメとしてうどんや焼そばなど麺類を投入することもあります。

f:id:mochibubu:20160404162510j:plain

 

なお、タレは各家庭、飲食店、製造業者により異なりますが、郡上地区は郡上味噌味、下呂地区はしょうゆが多くみられます。

鶏肉の部位も製造業者によって異なり、鶏の内肉を用いたもの、あるいは混ぜたものもあり、鶏の皮肉と内臓を混ぜたものを当地では皮きもと称します。

 

タレには、ニンニクやタマネギの摩り下ろしたもの、ゴマなどを加えることもあります。

鶏肉の代わりに豚の肉や内臓を用いたものも、豚ちゃん(とんちゃん)と呼ばれることもあります。

 

しかしながらそれ以外の部位よりも内臓を用いる場合が圧倒的に多く、呼称としてもホルモン(いわゆるホルモン焼き)の方が広まっています。

 

ただし他地域(岐阜県可茂地域・特に御嵩町)では「とんちゃん」の名称が普及しています。

一方で、内臓以外の部位の豚肉を用いて、鶏ちゃん同様の味付けをした豚肉が、近年「Booちゃん」といった商品名で、岐阜県下で販売されています。

 

いわゆる「ホルモン焼き」が、豚の内臓を用いている事から、鶏ちゃんも鶏の内臓を用いているという認識が一部にありますが、これは全くの誤解です。

 

鶏ちゃんの製造・調理法が製造業者や飲食店によって異なるので、一部に鶏の内臓部分を食材に含む場合もありますが、内臓を含まない場合のほうが多数派です。

最近では、白鳥士郎によるライトノベル『のうりん』によって、この誤解が広められてしまっています。

 

現在は、十数社が下味をつけた鶏肉を、「鶏ちゃん」「ケイちゃん」といった名称で販売しています。

殆どは岐阜県内で流通していますが、岐阜県資本のスーパーがある愛知県北部、名古屋市、滋賀県などでも販売されています。

 

2010年9月にはB-1グランプリに初参加しました。

2012年にはアメリカ合衆国をモデルに鶏ちゃん合衆国を設立しました。

鶏ちゃんを提供する飲食店や鶏ちゃん関連商品などのメーカーを『州』、鶏ちゃんの小売りを専門に行う事業者を『自治区』と定めました。

 

また古田肇岐阜県知事を顧問にあたる名誉大統領に据えています。

独自の旗・国歌などを制定し、遊び心あふれながら活動を行っています。

 

東海3県下のコンビニエンスストア(ファミリーマート・ローソン・サークルKサンクス)とのタイアップ商品を積極的に行っています。

 

また、鶏ちゃんに合うように作られた芋焼酎「岐阜県民 鶏ちゃん」が開発され、商品化されました。

CoCo壱番屋では、岐阜県と愛知県の一部店舗で、鶏ちゃんをカレーの具に使った「鶏ちゃんカレー」が提供されています。

鶏ちゃん焼きは本当においしいおすすめの郷土料理ですし、岐阜県の名物料理です。

楽天にもありますのでどうぞお取り寄せして食べて見てください。