読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物料理のお取り寄せガイド

全国各地の有名な名物料理をご紹介します。

【送料無料】ぺそら漬けは山形の珍味!通販なら訳あり商品も多数!三浦農園

● 全国の名物料理 ●

北海道地方の名物料理

北海道

東北地方の名物料理
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 /

関東地方の名物料理
茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 /

中部地方の名物料理
新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 /

関西地方の名物料理
三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

中部地方の名物料理
鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

四国地方の名物料理
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 /

九州地方の名物料理
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県/ 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島 / 沖縄県 /

山形の村山地方にある大石田で最初に作られた漬物、「ぺそら漬け」は、テレビでも取り上げられたことがあり、その名前から、何の漬物なのか分からない所が、おもしろい漬物です。

f:id:mochibubu:20160407040558j:plain

「ぺそら」とは、味もそっけもないと言う意味で、その地方で使われている言葉です。

この漬物は、ナスを塩と唐辛子で漬け込み、3日目で漬けなおしていき、3回ぐらいすると、ナスは白くなり、酸味も辛味もまろやかになるというものです。唐辛子は付け直しごとに減らしていき、最後には適量になります。

味は、辛いナス漬けです。切らずに食べるのが食べ方で、辛いけれどパクパク食べられる、漬物です。

辛いものが好きな方、お酒の肴に最適なおかずです。

 

この漬物は、ナスが白くなる漬物なので、県内でも、敬遠されていましたが、一度食べるとやめられない、辛味がおいしい漬物だと、多くの方に食されるようになりました。

 

山形で郷土料理の一つに挙げられる、漬物です。

 

この漬物が作られている山形県大石田は、山形そばが有名な地域です。

また、「おしん」で有名な地域です。

f:id:mochibubu:20160407042006p:plain

 

おしんが奉公へ行く時に、船着き場になった場所に、最上川があります。

大きな川で、山形県の中で一番長い川です。

 

大石田は、県内でも自然が残り、畑が多く、農家も多い地域です。この「ぺそら漬け」は、そんな中、発明された漬物です。

 

「ぺそら漬け」は、地元では大量に作られますが、真空パックになり、地方発送も可能です。

ネットの通販では楽天で販売しているネット通販の三浦農園があり、ここでペソラ漬けが販売されています。

 

送料無料で4月1日14時~5月26日9時59分までポイント2倍セールを行っています

 

ぺそら漬けは酸味(乳酸菌)が少しある状態が缶製品なので、発送中に腐敗することはありません。

この酸味は、身体にいいもので、健康にいいものです。

腐れているのではなく、発酵することで、うまみ成分に変化したものです。

 

山形は、酸味・食酢を多く採る習慣があり、暑い夏を乗り切るために考えられた文化とも言えます。

夏は食が失せますがその時に、酸味は食欲を促してくれるのです。

 

山形県の大石田に近い尾花沢という地域では、名産のすいかを使って、同じように漬物を作っています。

「ぺちょら漬け」です。

 

スイカの実を小さいうちに摘み取る摘果の時に、捨てるのがもったいないと始められました。

「ぺそら漬け」と同じような気持ちで始められた、同じ味付けの漬物です。

 

「ぺそら漬け」は、このスイカの漬物と比較されることもありますが、元祖として、大石田が最初であることは知られています。

大石田では、この「ぺそら漬け」の漬け方も公開し、郷土料理を残していくために、多くの方が取り組んでいます。

 

地元の有名なそば屋に置いたり、道の駅でも売られています。

東京ではアンテナショップでの販売をするなど、日本中にファンを作りたいという思いで、活動しています。

 

あまり高価な食材ではなく、おいしそうに見えない漬物かも知れませんが、味には自信があります。

濃縮されたうまみが感じられる漬物です。

 

山形は、昔、北前船で京都の文化が入ってきました。

その中でも食文化に関して、多くの食材、料理の仕方などが伝わりました。

 

漬物から酸味が出たら、それは乳酸菌であることなどは、科学的に分からなくても、知識として、知っていたと思われます。

 

しめさばなどの酢でしめる食品も、山形人はとても好きです。

「ぺそら漬け」は、尾花沢の漬物「ぺちょら漬け」と一緒にセットで購入することもできます。

 

なすとすいかでは、食べ比べしにくいと思いますが、両方のおいしさ、面白さを体験していただきたいです。

そして、おしんの里として有名な大石田で作られている漬物だと、多くの方に知ってもらえることを願っています。

 

「ぺそら漬け」は、普通のナスを使用しているので、自分で作ってみたい方は、インターネットの通販を利用することをお勧めします。

 

食べ方は、大石田のおばさん軍団が、発信しているページがあり、分かりやすいです。