読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物料理のお取り寄せガイド

全国各地の有名な名物料理をご紹介します。

小田原蒲鉾ランキング1位は?神奈川名物小田原蒲鉾のお取り寄せ人気通販

● 全国の名物料理 ●

北海道地方の名物料理

北海道

東北地方の名物料理
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 /

関東地方の名物料理
茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 /

中部地方の名物料理
新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 /

関西地方の名物料理
三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

中部地方の名物料理
鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

四国地方の名物料理
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 /

九州地方の名物料理
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県/ 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島 / 沖縄県 /

私が紹介したいのは、神奈川県の小田原蒲鉾です。

小田原城や箱根の温泉街とかと同じように、神奈川県の名物と言えると思います。

 

 

小田原蒲鉾を食べた事がなくても、名前は知っている人が多いと思います。

今は、お店に行かなくてもネットで買う事ができるから、是非1度は試して欲しいと思います。

f:id:mochibubu:20160430053228p:plain

 

小田原蒲鉾 楽天通販デイリーランキング1位【小田原鈴廣かまぼこ】

 


小田原蒲鉾は、魚のたんぱく質がたっぷりで栄養豊富です。

魚が苦手な人でも、すんなりと食べられるのではないかと思います。

 

また、私もそうですが。毎日の食事では不足がちなカルシウムも豊富です。

 


蒲鉾は醤油とわさびをつけて、そのまま食べてもいいし、醤油で甘く似ても美味しいですよ。

 

簡単にできるから、お弁当にも便利です。小さい子どもには、醤油ではなく、蒲鉾にマヨネーズをつけても美味しいですし、子どもには食べやすいみたいです。


そして蒲鉾は沢山食べても低カロリーで、低脂肪だから、沢山食べても体に優しいです。女性にも安心ですよ(笑)食生活の欧米化が言われている今、日本人には日本独特の食べ物、ヘルシーフードとして蒲鉾はいいと思います。

 


また紅白の蒲鉾は、昔からお正月や七五三のおめでたいお祝いにも使われています。

だから、11月15日は蒲鉾の日なんですよ。

 

いつも食べるだけですが、蒲鉾の歴史とか由来を調べても面白いですよね。

 


なかなか家では蒲鉾作りはできませんが、小田原蒲鉾では蒲鉾作りの体験ができます。

f:id:mochibubu:20160430053957j:plain

 

予約は必要ですが、蒲鉾職人さんと一緒に蒲鉾作りができるんです。

 

自分で作った蒲鉾は美味しいですし、楽しいです。

 


また小田原公園の小田原蒲鉾桜まつりでも、蒲鉾の実演があったりして、小田原の街にとっての蒲鉾の大切さがわかります。

 


小田原以外に、スーパーマーケットでもいつでも蒲鉾は売っています。

 

でも、小田原蒲鉾を食べた後では、他の蒲鉾はすごく味が薄く感じてしまいます。

 

材料とか作り方の違いとか、詳しい事はわかりませんが。食べてみると、違うんですよね。

 


ウチの子どもは小さいので、あまり蒲鉾は食べません。

わさびをつけるのはイヤーと言っています。

 

だけど、蒲鉾を薄く切ってきゆうりやハムを乗せて、マヨネーズをつけるとおいしく食べてくれます。

 

何か1品足りない時にも、すぐにできて便利です。

あと、お弁当でも少しすき間があって困る時にも、蒲鉾は便利です。

 

そのままでも、蒲鉾の白さが綺麗ですが、醤油で甘く煮て、茶色に色をつけて白い蒲鉾と茶色の蒲鉾と交互に並べてもいいですよ。

 


蒲鉾は昔の食べ物のようなイメージがありますが。

料理の仕方によって、大人から子どもまで皆で美味しく食べられると思います。

 

神奈川県のお土産物としても、喜ばれていますし、名物として素晴らしい物だと思います。

f:id:mochibubu:20160430054151p:plain



蒲鉾ランキング1位【小田原鈴廣かまぼこ】値段も1,134円とお手頃♪

 


蒲鉾はすでに室町時代の書物に、蒲鉾という言葉がでできています。

 

本当に古くから日本人に親しまれている食べ物です。

 

 

また、西暦1115年には蒲鉾の文字が書物にあったという理由から、11月15日が蒲鉾の日とされたと言われています。

日本人の味覚にあっている魚を豊富に使って、ヘルシーに作っている蒲鉾は、やはり日本人には必要な食べ物だと言えるかなと思います。

 

 

お肉やパンとか、洋風な食べ物ももちろん美味しいし、必要だと思います。

 

だけど、小さい子どもや体調が悪い時など、食べるとホっとする物の1つとして蒲鉾かあるのでは…と思います。

 

日本人にとって大切なお祝いであるお正月に、おめでたい物として、紅白の蒲鉾を食べるのも蒲鉾と日本人が強くつながっているような気がしています。

 


食べても美味しく太らず、魚の栄養もたっぷりの小田原の蒲鉾を是非食べて欲しいと思います。直接、小田原に行けない場合でもネットとかで1度は味わって欲しい物です。