読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物料理のお取り寄せガイド

全国各地の有名な名物料理をご紹介します。

感動するほど美味い!宮城名物と言えば忘れてはならない【はらこ飯】

● 全国の名物料理 ●

北海道地方の名物料理

北海道

東北地方の名物料理
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 /

関東地方の名物料理
茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 /

中部地方の名物料理
新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 /

関西地方の名物料理
三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

中部地方の名物料理
鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

四国地方の名物料理
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 /

九州地方の名物料理
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県/ 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島 / 沖縄県 /

宮城といえば、牛タン料理が一番に出てくるかと思います。また、最近ですとずんだ餅も話題になっていますね。

 

今回は知る人ぞ知る郷土料理のはらこ飯(めし)をご紹介します。

 

はらこ飯とはどんなものかと言いますと、簡単に言うと鮭の親子丼です。

 

f:id:mochibubu:20160503031942j:plain

 

旬の秋鮭とイクラで味わう鮭づくしの絶品丼です。

 

鮭の身を甘めに煮込み、鮭の煮汁で炊いたご飯の上に、鮭とイクラを豪快にのせ、刻みのり等を添えて食べます。


江戸時代、仙台藩主独眼竜『伊達正宗』に献上したところ喜んで食し絶賛したと言われています。

 

『はらこ』とは、鮭の腹子(はらこ)のことです。

 

最近では、テレビ番組でとりあげられることもあり、全国的に有名になってきました。

鮭の旬な季節の秋ごろにははらこ飯を目当てに宮城県を訪れる観光客もいます。

 

 

食欲の秋には完全に虜になるおいしさで子供たちにも人気があります。

実は、うちの子たち魚卵は喜んでたべないのですが・・・はらこ飯だと喜んで食べます。

 

ふんわりやさしい鮭の身とイクラのプリプリ感は病みつきになります。

駅弁としても人気が高いものとなっています。

 

はらこ飯は宮城県の南部にある亘理郡の郷土料理です。

鮭の煮汁でご飯を炊くため、ご飯は茶色です。

 

宮城県気仙沼市、岩手県、新潟県のはらこ飯は白いご飯だそうですがこれは私食べたことありません。

 

ので、今回は茶色いご飯のはらこ飯の話をさせていただきます。

 

はらこ飯のおいしさの秘密をまず紹介します。

f:id:mochibubu:20160503033339j:plain

 

おいしさ1:鮭の旨味がしみたご飯

はらこ飯のご飯は醤油ベースの炊き込みご飯です。

地元宮城県産の『ひとめぼれ』に鮭のダシや旨味が溶け込んだ煮汁と醤油・みりん・砂糖を入れて炊きます。


鮭のダシの旨みと醤油の香ばしい香りが口いっぱいに広がる絶品のご飯です。

鮭の旨みがしみこんだ炊き込みご飯はご飯だけでもどんどん箸が進むおいしさです。


おいしさ2:醤油ダレに漬け込んだイクラ

はらこ飯と言えばもちろん鮭とイクラです。

はらこ飯の主役はなんといってもイクラです。

見てるだけで食べたくなってしまうキラキラのイクラです。

キラキラの秘密は、醤油ダレの旨みをたっぷり含み、プチっと食感のいいキラキラのイクラの醤油漬けが完成するのです。

 

といっても、はらこ飯を自分で作るのはとっても大変なんです。

ダシ取りの下処理、湯引き、氷水でよく洗い、調味料も作るとなります。

 

なので、宮城に来た際はぜひはらこ飯をお店で食べていただきたいです。

 

亘理でもはらこ飯シーズンは9月上旬から12月中旬までとなっています。

 

ですので、この時期に宮城県に行く機会がある方は少し足をのばして亘理に行ってみてください。

 

また、仙台駅周辺にも食べれるお店はあります。

 

はらこ飯が食べれるおいしいお店

 

おしか商店(宮城県亘理郡亘理町台田44-3)
仙台市内から車で約60分です。


しかも、ここのはらこ飯は2013年に亘理で行われた「元祖はらこめし味くらべ総選挙」で見事グランプリを受賞!
ここのはらこ飯は間違いないです。

 

郷土料理 みやぎ乃(宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 エスパルB1)
仙台駅徒歩1分です。


季節の限定品となっていますので事前に確認してからいったほうがいいですね。

 

仙台駅からすぐなのでせっかくなので立ち寄っていただきたいおススメのお店です。もし、季節はずれでも宮城の郷土料理を楽しめますよ。


ただし、宮城に来れないけどどうしてもはらこ飯が食べたいという方にははらこ飯セットを送ってくれるサービスもあります。

 


 

 

お米だけあれば本場の味!ご飯を炊いて、盛りつけて簡単!なんていうのもあるみたいですよ。

 

まだ食べたことない方は未体験のおいしさを是非体験してほしいです。病みつきになり虜になること間違いなしです。