読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物料理のお取り寄せガイド

全国各地の有名な名物料理をご紹介します。

白石うーめんは【きちみ製麺】がおすすめ!宮城県名物の温麺はもちもち!

● 全国の名物料理 ●

北海道地方の名物料理

北海道

東北地方の名物料理
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 /

関東地方の名物料理
茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 /

中部地方の名物料理
新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 /

関西地方の名物料理
三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

中部地方の名物料理
鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

四国地方の名物料理
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 /

九州地方の名物料理
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県/ 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島 / 沖縄県 /

宮城県の隠れた名物料理は白石うーめんです。

白石うー麺とは、宮城県の白石地方の名物料理で、油を使わずに作った素麺です。

f:id:mochibubu:20160503171331j:plain

江戸時代に白石に住んでいた味衛門(みえもん)という青年が胃腸が弱い父親の為に何か消化が良く元気になる食べ物がないかと日頃から探し周っていました。

 


ある日 旅の僧に油を使わずに作る麺を教わりました。

それを、さっそく父親に食べさせたところ父親は食が進みしだいに全快したそうです。

病床の父親が「うめ〜 うめ〜」と言ってたべた事からうー麺と呼ばれるようになりました。

 

漢字で書くと「温麺」で、父親思いの温かい気持ちで出来た麺で温麺と書きます。

 

この、孝行話がたちまち評判になり
白石城主の献上品にもなり、後には贈答品に用いられるようになりました。

油を使って作る素麺よりも高級品として扱われました。
松尾芭蕉も立ち寄ったと言われていて、うー麺を伝えた旅の僧は松尾芭蕉ではないか?など諸説ありますが、400年前から食べられていて歴史が深いです。

 


材料も小麦粉と塩と水だけで作られていてヘルシーです。

麺の色は真っ白で、食感はつるっとしてモチッとしています。

f:id:mochibubu:20160503171438j:plain

 

もちもちしていてツルツルのどごしがたまらん!

 

うどんとも素麺とも言えない独特の食感をしています。
油を使っていないので素麺より柔らかくうどんより食べやすい細さで、麺の味がしっかりあじわえ、麺の長さが9センチと短いです。

 

9センチと短いので、小さな鍋でも茹でやすく、保存量や添加物を一切使っていないので、健康食品としても優秀です。


赤ちゃんの離乳食や介護食、体型の気になる方などにももってこいの食品だと思います。


味はシンプルでどんな具材にも合い
冷たくしても暖かくしてたべても美味しくたべることができます!

 

 

白石うー麺が美味しく作れたのには
白石市の場所が良かった事があげられます。

 

宮城県の南部に位置していて、宮城県内の市としては最南端にあたります。
白石の特産の小麦と蔵王を水源とした白石川が街の中に流れていて、水車を利用した製粉ができて、蔵王から吹き付ける乾燥した風が、うー麺を乾燥させるのに適していました。

 

宮城県の白石うー麺の伝統の製法が後に秋田県の稲庭町に伝わり稲庭うどんとなったと言われています。


稲庭うどんの方が有名ですが、白石うー麺の方が先に出来ていました。

白石には白石うー麺の専門店が数多く軒を連ねています。


どんな食材にも相性がいいので、オーソドックスに麺つゆで食べるのも良し アレンジしてたべても美味しいのでツユを変えてゴマだれなどでも美味しいです。

 


春は山菜うー麺、夏はざるうー麺、秋はキノコうー麺、冬はけんちんうー麺と四季折々で楽しむことが出来ます。

 

宮城県内のデパートや駅など宮城県内のどこでも手に入れる事ができて、保存ができる期間も長いでお土産にも最適です。

 


 


人気のキャラクターを使ったパッケージの うー麺などもあり、可愛いので子供にも人気です!

 

もともとの味がシンプルなので、独特の進化を遂げた変わり種うー麺も
けっこう存在します。


麺にモロヘイヤ、梅、人参を練り込んだ鮮やかなうー麺は見た目もキレイで、味もおいしいです。おすすめです!

 

毎年、宮城県の白石市では夏になると白石市の飲食店でうー麺を買ったり食べたりした人にスタンプを押して温泉宿泊券が当たる抽選会「まるごとうー麺まつり」が人気を集めています。

 


また、毎月7日はうー麺の日になっていて参加加盟店でうー麺を食べたりお土産を1080円以上買った人にお買い物券のプレゼントがあったりとイベントもたくさんあります。

 

地元の人達に親しまれ、宮城県内のうー麺認知度は高いのですが、まだまだ県外の白石うー麺の認知度が低いので、認知度が上がりいろいろな人に白石うー麺を食べもらいたいです。

絶対に人気が出るはずです!