読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物料理のお取り寄せガイド

全国各地の有名な名物料理をご紹介します。

みそポテトは埼玉県秩父地方名物!【道の駅おかべ】の深谷ねぎ味噌が美味い

埼玉県名物料理 みそポテト

● 全国の名物料理 ●

北海道地方の名物料理

北海道

東北地方の名物料理
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 /

関東地方の名物料理
茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 /

中部地方の名物料理
新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 /

関西地方の名物料理
三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

中部地方の名物料理
鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

四国地方の名物料理
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 /

九州地方の名物料理
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県/ 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島 / 沖縄県 /

埼玉県秩父地方の名物料理の「みそポテト」を紹介します。

みそポテトは、じゃがいもを茹でて一口大に切ったものに、小麦粉と水を溶かした液体にくぐらせて揚げる天ぷらのようなもので、甘辛いみそだれをたっぷりつけて食べる郷土料理です。

秩父ではスーパーの惣菜コーナーや、コンビニ、お祭りの出店などで幅広く売られています。

地元の方は見慣れた光景ですが、他県の方はびっくりするかも知れません。

 

また、逆に地元民が他県のお祭りに行って、みそポテトが無いことにびっくりします。

 

お祭りの出店やスーパーでは大体7,8個入ったパックのものが200円前後で売られており、価格帯もリーズナブルです。

f:id:mochibubu:20160508052451j:plain

 

秩父地方は盆地で冬の寒さも厳しく、みそ等の甘辛い味付けが好まれていて、他にも色々なみそ料理が郷土料理としてあります。

 

近隣の群馬県でも郷土料理として「焼き饅頭」が有名ですが、これもみそ料理ですね。

気候や内陸部であることが似ているからかも知れません。

 

これらのみそ料理の中でも、作り方も非常にシンプルな事から、みそポテトは家庭料理でもおやつや夕飯の副菜としてよく作られます。

 

ですが、家庭によって味付けは様々です。

 

基本は、みそ、みりん、砂糖、料理酒を好みの配分で混ぜ合わせてみそだれを作るのですが、そこに柚子を加えたり、ニンニクを加えるなどのアレンジもあり、アレンジによって全く違った印象になります。

 

スーパーなどで売られているものはこってり甘めに味付けされていますが、家庭によっては、砂糖を入れずにしょっぱくしたり、ご飯のおかずに合うように醤油や七味唐辛子を加えて辛くしたりするようです。

 

また、みそだれではなく秩父名物の「おなめ」というみそに近い、大豆や麦の食感の残った少しクセのある調味料を付けて食べるご家庭もあるようです。

母親の味として、それぞれの家庭で代々受け継がれていくものなのだと思います。

じゃがいもを揚げてアツアツの出来立てはもちろん、冷めてふにゃっとしているのも美味しいです。

 

給食やお弁当のおかずの一品として入っていても可愛いですし、秩父地方は自然が多く残っている地域ですから、農業を営んでいる方が多くいらっしゃるので、農業の合間の休憩時の腹持ちのいいおやつにもなります。

 

家庭で作るときはみそだれを多めに作るので、余ったみそだれをこんにゃくにつけてみそ田楽にしたり、白パンにみそだれをはさんで食べたりするのもおススメです。

 

秩父では昔からみそ作りが盛んで、秩父の美味しい水を使って良い大豆と麦が獲れる地域であり、「秩父みそ」というブランドもある程です。

 

通販でお取り寄せするなら、深谷ねぎの里【道の駅おかべ】 のねぎ味噌が安いし美味いです!

 

 

 

秩父みそで作るみそだれは、味も濃くて旨みや香りも自然の豊かさが感じられる澄んだ味わいになり、みそポテトがよりいっそう美味しく感じられます。

 

最近は「ポテくまくん」というみそポテトが好きなクマの妖精のゆるキャラもいるようで、秩父もPRに余念が無いですね。

 

f:id:mochibubu:20160508053644p:plain

上京してきて8年ほどたちますが、いまだにふと食べたくなって、自分で思い出しながら作ってみたりもしますが、やはり秩父の気候の中で食べた方が美味しいような気がします。

 

そして、やっぱり母の作っていた方が美味しかったなと思いますが、そういえば母も「おばあちゃんの作るみそポテトの方が美味しかったんだよ」と私に食べさせながら言っていたなと思い出すのです。

 

シンプルでごまかしがきかないだけに、味噌の旨みや味わい、じゃがいもの新鮮さ、ホクホクとした食感が大事な料理です。

 

でも、シンプルな料理なのに、こんなにも味に違いが出てくるのはどうしてなんだろうなと不思議に思います。

 

今は赤ちゃんですが、いつか大きくなった自分の子どもにも食べさせたいなと感じる郷土料理です。