読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物料理のお取り寄せガイド

全国各地の有名な名物料理をご紹介します。

牡蠣の土手鍋

● 全国の名物料理 ●

北海道地方の名物料理

北海道

東北地方の名物料理
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 /

関東地方の名物料理
茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 /

中部地方の名物料理
新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 /

関西地方の名物料理
三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

中部地方の名物料理
鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

四国地方の名物料理
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 /

九州地方の名物料理
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県/ 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島 / 沖縄県 /

広島といえば、カープ、お好み焼き、もみじ饅頭を思い浮かべる方も多いでしょう。
今回は牡蠣の土手鍋をご紹介します。

f:id:mochibubu:20160405063742j:plain


 広島は昔から牡蠣の養殖が盛んな名産地で、ぷりぷりのミルキーな牡蠣がとっても人気です。見事なナイフさばきで殻をむくお姉さま方もテレビのニュースで紹介されていますよね。

 

f:id:mochibubu:20160405064147j:plain


そんな名産の牡蠣はもちろん現地で食べるのが一番ですが、今は冷凍から生まで手軽に送ってもらうことができます。

そんなおいしい広島の牡蠣が手に入ったら、ぜひ試していただきたい食べ方があるのです。


 それが、土手鍋という食べ方です。

 

聞いたこともない、という方もおられるでしょうが、牡蠣の料理の中ではわりとポピュラーな食べ方なんですよ。

 

生食や焼いて食べる のとはまた違ったおいしさです。

身体も温まる鍋料理、ということでどちらかといえば冬の名物です。

 


土手鍋とは、お鍋にお味噌を土手に見立てて塗り付けて、牡蠣や野菜とともに、少しずつ出汁に溶かしながら食べる広島の名物料理です。

 

お店などでは、お味噌を出汁に最初から溶いておく方法もありますが、好みがわからない場合や、野菜をたっぷり入れるなら、土手は残しておいた方が、薄まらずにいいですね。見た目も楽しめると思います。


お味噌の味の鍋といってもお味噌汁とは全く違う味なので、ただ豪華に牡蠣を入れたお味噌汁を想像してもらっては困ります。

 

しっかり、メインになる、ごちそうです。


このお鍋は、お味噌が決め手になるので、生牡蠣は何となく匂いが苦手というような方にも割と食べやすい料理だと思います。

 

各家庭でこの味噌は好みの味付けにしますが、外で食べるときも、基本はちょっぴり甘めが多いです。

 

土手鍋は辛いよりは少し甘めで覚えておくと、いいですよ。

牡蠣の甘みとの相乗効果でよりお箸も進みやすくなります。


子どもからお年寄りまでみんなで揃って食べられる定番でもあります。

赤味噌に白味噌を入れたりみりんを入れて味を調えたものが多いですが、自由に味を変えられるのも最初から最後まで飽きない鍋としてぴったりです。

 

f:id:mochibubu:20160405064616j:plain

 

二種類ほどブレンドすると、より好みに近づきます。

煮詰まってしまったら出汁を足せば良いし、薄いならお味噌を適量加えてください。


鍋料理は味が薄まってしまうものですが、土手鍋だと味噌の溶かし具合で調節もできますし、何といってもおいしい牡蠣のお出汁がしみてくるので、最後までしっかり味わえます。


他の具は豆腐やねぎ、春菊など味噌に合うものを入れればいいので、難しく考えなくてもいいです。

豆腐は出来れば絹よりも木綿など固めの方が煮崩れず取りやすいです。

 

そして最後の締めにはぜひうどんを入れて味わってください。牡蠣の出汁と味噌の風味は、うどんにすると格別です。


牡蠣があまりにも高価だったりシーズンを過ぎていいものが手に入らなかったりということが昔はあったのですが、今は地方に居ても簡単にお取り寄せができます。

 

広島の味を広島に来なくても食べられるようになりました。

お気に召したら、ぜひ広島で食べてもらいたいですが、まずはどんなものか知ってもらいたいです。


子どもの頃から食べなれて、土手鍋というと目新しさを感じてはいなかったのですが、鍋パーティでふるまったところとても好評でした。

ぜひみなさんに試していただきたい味覚です。


簡単にするなら、土手鍋セットもありますし、牡蠣だけ手に入れて、好みの土手鍋を極めるのもいいですね。

 

市販のものに、アレンジするのも失敗がなくていいですよ。


 本来は生牡蠣で頂くお鍋ですけれども、生食用の牡蠣でさっと煮るのもよし、冷凍や加熱用でしっかり煮込んでも、それはそれでおいしく頂けます。

牡蠣が好きな方には一度は食べてもらいたい、広島名物料理の土手鍋です。

 

 

広告を非表示にする