読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物料理のお取り寄せガイド

全国各地の有名な名物料理をご紹介します。

大分名物【とりてん】ランキング!楽天おすすめのおいしいとりてん通販は?

大分県名物料理 とりてん

● 全国の名物料理 ●

北海道地方の名物料理

北海道

東北地方の名物料理
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 /

関東地方の名物料理
茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 /

中部地方の名物料理
新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 /

関西地方の名物料理
三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

中部地方の名物料理
鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

四国地方の名物料理
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 /

九州地方の名物料理
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県/ 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島 / 沖縄県 /

私の地元の自慢の郷土料理!
それは『とりてん』です。大分県民ならば知らない人はいないと言えるほど、地元民にとってのソウルフードです。

f:id:mochibubu:20160420214927j:plain


少し前に全国的に『中津からあげ』がブームとなりましたが、

『とりてん』は『からあげ』とは全く異なります。


その違いは『衣』です。

からあげは、小麦粉などから作られた衣を、そのまま鶏肉にまぶして油で揚げます。

 

一方とりてんは、水で溶いた小麦粉を鶏肉に浸して油で揚げます。

 

つまり、衣を水で溶くか溶かないか、その違いがあります。


大分県は鶏肉消費量が全国でもトップクラス。

 

からあげ、とりてん、どちらが好きかは好みで分かれますが、私はやっぱりとりてん派です。


好きになった理由は、やっぱり母の味だからだと思います。

私の母親はとりてん以外にも大分県の郷土料理を作るのがとても上手で、幼い頃からよく作ってもらっていました。

 

大人になった今でも、実家に帰ると必ず作ってもらうほど…(笑)

自分でも見よう見まねで作ってはみるのですが、やっぱり母の味とは違う。

 

どうやっても同じ味にはなりません。

レシピをきちんと習っているのに、その差はなんだろう?とずっと疑問ですが、もしかしたらずっと母の味には勝てないのかなと思ったりします。

 

 


家庭によって違いがありますが、主に醤油とニンニクで下味をつけ、油で揚げたあとは酢醤油で食べるのがポピュラーです。

我が家もこれです。

 


酢醤油も、酢と醤油の割合をどれぐらいにするかは人それぞれですが…個人的には少しだけ酢が多い方が好み。

 

さっぱりして食べやすいです。

 

実は揚げ物なのに食欲がない時でも食べやすいというところもお気に入り。


また、ポン酢で食べる家庭も多いようです。

 

どちらにしても少しツンとして酸っぱい感じが、とりてんと合う!

f:id:mochibubu:20160420215322j:plain


幼い頃からこうしてとりてんを愛してきた私は、恥ずかしながら高校生になるまで、これが郷土料理とは知りませんでした。

 

みんなが知ってる、みんなが食べてる、どこにでもある…そんな認識から、当然全国区だと思っていたのです。

大分県ではファミリーレストランは元より、喫茶店や居酒屋、定食屋から弁当屋まで、食品を扱うあらゆるお店にとりてんが置いてあります。

 

テレビか何かで全国区ではないと知った時、なぜかとてもショックだったことを覚えています(笑)


大人になって県外の友人も増え、話題に出してはみるものの『聞いたことあるけど、食べたことない』と言われることも多々あります。

 

からあげは何度も食べたことがあるのに、とりてんを知らないなんて勿体無い!と思い、何度かご馳走したこともあります。

 

評判は上々で、少なくともマズイと言われたことはありません。

ヘルシーで食べやすくて、パクパクいけちゃう!と言われます。

 

たくさん作ったつもりがすぐになくなっちゃうので、いつも多めに作ることを心がけています。

 


豆知識ですが、とりてんの誕生は大正時代の大分県別府市だそうです。

当初はレストランの賄い食として生まれたようですが、改良を重ね、お客さんへ提供されるようになりました。

 

こうして多くの別府市民が愛する食べ物となり、その後、大分市に広がったそうです。

 

今では大分県全域で当たり前のように食べられていますが、これを知った時は、こんなにも昔から愛されていたのかと驚きました。

 


今も昔もそしてこれからも、愛している郷土料理、とりてん。

私に子供ができたら絶対に食べさせたい料理です!そしていつか母の味に近づきたい…いや、超えてみたい!また実家に帰ったら、改めて母の作り方をしっかり盗みたいと思います。

 


からあげ同様、今では全国で見かける機会も多くなったと思います。

 

みなさんも居酒屋などで見かけたら、ぜひご賞味くださいね!

 

とり天 1kg 国産
価格:1274円(税込、送料別)