読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物料理のお取り寄せガイド

全国各地の有名な名物料理をご紹介します。

6月限定!タケノコ1kg送料無料!通販【訳あり】たけのこ煮物が美味い

● 全国の名物料理 ●

北海道地方の名物料理

北海道

東北地方の名物料理
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 /

関東地方の名物料理
茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 /

中部地方の名物料理
新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 /

関西地方の名物料理
三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 /

中部地方の名物料理
鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 /

四国地方の名物料理
徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 /

九州地方の名物料理
福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県/ 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島 / 沖縄県 /

f:id:mochibubu:20160505070026j:plain

島本町の名物料理はタケノコの煮物です。


私の出身地は大阪になる島本町という京都に近い天王山のふもとにある街です。
地元の名産はタケノコ!街には山が近いので、竹林も昔からよく歩きました。

今や高級食材にもなっていますが、地元では掘れたてをまず近隣に販売して市場に出ていくので、安く最高のタケノコが手に入ります。


そして、お水も千利休が愛した土地でもあり、名水百選に選ばれている名水ですので、新鮮なタケノコを水瀬の水で煮ると全くアクが出ず、歯ごたえと瑞々しさと洗練されたタケノコの味がグッと伝わっていきます。

 


この2つの特産が合わさって最高の食べ物ができます。


現代の食べ物は外国からの食文化が進んでおり、味が濃いモノ、ソース、たくさん混ぜられて作られています。

 


確かにおいしいですが、体に悪いモノもあったり、食材そのままのおいしさ、形を味わえるモノは少ないのではないでしょうか?


日本古来からある、日本伝統の食べ物は守っていかなくてはいけませんし、日本食は世界でも知られているとおり健康食です。


この日本料理の良さが私の地元メシでもあります。


さて、島本町では、昔からある家では今でも釜がまだあり、そこでタケノコを茹でる習慣が残っています。


旬のタケノコですが、昔から我が家ではそのままの味を楽しむためにタケノコの煮物を作っていました。

 

天ぷらやタケノコご飯などにもしますが、温かくても、冷めてもおいしいのがタケノコの煮物です!

 

f:id:mochibubu:20160505070226j:plain


材料は、タケノコ・鰹節・わかめ・味付けはだし汁・塩・みりん・薄口しょうゆ・砂糖といたってシンプル!


素材の良さ、素材の形を目と舌と鼻と体全体で感じる事が出来る料理は大事だと思います。


タケノコはまさにそのままを味わえる食材で、煮物は茎に近い歯ごたえのいい部分も楽しめる、柔らかい上の部分も楽しめる、味もタケノコはしっかりしています。

また、味付けもカツオのダシの味を味わいながら触感とタケノコをダイレクトに味わえる、昔ながらの伝統の味は最高です!

 


作り方でも、タケノコを洗うのも土地の土を香る、感じる事は楽しいです。
タケノコを切るのも根元はいちょう切りに、上の方では半月切りに切り方が変わるので、食べる時の楽しみを感じながら切れます。


味付けはシンプルなので、難しい工程はなく、ゆがいた後に調味料で味付けをし、20~30分煮て、鰹節を入れて火を止めて味を染み込ませるだけです!


あとは盛り付けるだけ!


晩御飯に、また残ったら次の日でも、長い時間楽しめます。

 


ほかの食材はあまり入れないので、味付けでこれだけ楽しめる食べ物も少ないと思います。

 

f:id:mochibubu:20160505070634j:plain

 


こういった料理は心もあったまり、安らぐ母の味です!


一人暮らしや単身赴任では自分ではなかなか作りませんが、食べると家族を思いだせる素晴らしい食べ物です!


だれでもできる伝統の家庭料理だからこそ、これから何十年・何百年と伝えていける食文化でもあると思います。


伝統を残すなら、こういった料理の方がいいと思いますし、その為には食材も大切にしなければいけませんし、また、その土地・土・また水の質といった自然を守っていかないといけません!


これは何年も何十年も何百年もかかって取り組んでかないといけない事ですから、人と人のつながりを大切にしていきます。

 

役場の方や住人、また、家族でも自分も娘・息子や孫など代々かかわって守っていく・取り組んでいく受け継がれていくモノです。


ただの料理でもこれだけ人がつながっていく事はなかなかないと思います。


大阪であれば粉モノ文化もありますが、それよりも誰でもできる、伝えやすい、昔古来からの伝統をつないでいける地元の名産や食文化を全国に知ってもらいたいと思います。